中国物流情報
  • カテゴリ 海運業界ニュース の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

一帯一路出荷指数が公式に発表

カテゴリ : 
海運業界ニュース
執筆 : 
chinalogi  2017-7-14 15:50

上海証券取引所(Shanghai Shipping ExchangeSSE)は、関係国間の貿易データを追跡するため、2年の試験期間の後、一帯一路出荷指数を正式に発表した。

指標には、一帯一路貿易指数、一帯一路貨物量指数、海上シルクロード貨物指数が含まれる。

一帯一路イニシアチブ(シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロード)は、古代の陸上および海上シルクロードルートを、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、そしてオセアニアを結ぶことにより貿易およびインフラを連携するために中国主導で2013年に提案された。SSEZhang Ye会長は、一帯一路イニシアチブにより、海運業界は貿易量と貨物料金に注意を払うだろうと語った。 この指数は、市場の透明性を高めることになるだろう。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

荷主は、新しいアライアンスが開始されれば、ヨーロッパ・アジア貿易のバックホール問題は急速に解消すると期待していたが、スポット市場での話はここ1カ月近く、かなり異っているようだ。

欧州発アジア市場向けの空きスペース不足がここ数週間で前例のない水準まで上昇したため、海上運賃は今週最高値に達した。

最新のWorld Container Indexによると、ロッテルダムから上海までの海上運賃が$153ドル上昇し1FEUあたり$1,723を記録した。一方上海からロッテルダムまでは$1,546であった。

 

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

大規模な遅延に苦しむ洋山深港

カテゴリ : 
海運業界ニュース
執筆 : 
chinalogi  2017-4-26 12:10

上海の洋山港のバース混雑が激化しているため、運送会社や貨物運送業者は、貨物輸送に長い遅延が生じることを顧客に伝えている。

この問題は、4月の初旬から中旬にかけて急速に悪化し、416日から418日までの3日間の間に、船舶1台あたりの平均遅延時間が約53時間に延長されてしまった。海面には濃い霧があることも、状況のさらなる悪化の原因となる。

上海国際港有限公司(SIPG)は、コンテナを市内の他のターミナルに送るなどいくつかの措置を講じ、できるだけ早く通常の状態に戻すことを発表した。 しかし、ターミナル事業者は、混雑が5月中旬まで続くと予想している。

 

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

インドの港湾労働者は、政府が1963年の主要港湾信託法(National Port Trusts Act 1963)に代わって、国の公共港湾制度を改革することを目指して取り組んだ2016年の主要港湾当局法案に抗議して全国的なストライキを警告している。

インドのコンテナ輸入と輸出のほぼ70%を支配する主要12のコンテナ港の組合代表が最近、ニューデリーで会合を行い、419日から無期限のストライキを実施することになった。

湾岸労働者組合は、港湾の民営化に反対して、20169月に離職した。


記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

太平洋安定化協定(TSA)(西太平洋)の加盟国のコンテナラインは、201741日より、米国から中国への貨物輸送の全面的な料金引き上げの必要性に合意した。

米国西海岸経由の貨物移動では40フィートコンテナ(FEU)あたり100米ドル、米国内陸部からの貨物輸送についてはFEUあたり150米ドルのGRIが推奨されている。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

 

 

 

インターアジア討議協定(IADA)は、加盟船社各社に対し、日本からの輸出入貨物のすべてについて以下の料金回復(RR)プログラムを実施するよう勧告している。

年間契約:1TEUあたり200米ドル、1FEUあたり400米ドル、201741日または契約更新時のいずれか早い方から有効。

半期契約の場合:1TEUあたり100米ドル、1FEUあたり200米ドルの運賃修復。201741日から、再度2017101日から。

台湾の議員は33%国有のヤンミン海運と民間所有のエバーグリーンラインとの合併の可能性を測っている。 台湾の与党民主党プログレッシブ・パーティのメンバーであるChen Ou-Po氏は、合併は難しいと述べた。

先月、台湾交通通信省は、ヤンミンやエバーグリーンなど4カ月以上の損失を被った海運会社に対し、600億ウォン(189000万ドル)の低コストローンを提供すると発表した。
しかし、陳氏はこうした融資に反対している。 代わりに、ヤンミンは別の船会社または国有の台湾国際港湾公社(TIPC)と合併した方がいいと提案している。

台北タイムズによると、議会運輸委員会のメンバーは、ヤンミンが国有の台湾国際港湾公社(TIPC)と合併するメリットについて話し合った。 楊明(Yang Ming)は、2009年から338億ドル、2016年の最初の9ヶ月間で130億ドルの損失を被っている。台湾最大の船社であるエバーグリーンは、2016年の最初の9ヶ月間に74.6TWDの赤字を出している。

台湾国際港湾公社は、台北にある基隆、台中、高雄、花蓮、台北、蘇陽、安平の7つの国際港と、国内、フェリー、産業専用港を管理している。 Cheng Yu-peng議員は、台湾に対し、韓進海運が破産申請後に台湾が被った財政的損失について、韓国からの補償を求めるよう求めた。 Cheng氏は、台湾製品を運ぶ5万のコンテナが海上で足止めされた、または世界中の港湾当局に押収されたと語った。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

韓国の海洋水産省は、全ての韓進シッピングの船舶(97のコンテナ船と44のバルク貨物船)が、バンクーバー港にて荷卸を終了したと発表した。

韓国政府は、8月のリハビリプロセスの開始以来、船舶と物流を一刻でも早く通常の流れに戻すため、タスクフォースチームと現地対応チームを立ち上げた。

 

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

Drewryは、スラッシーズンが差し迫ってきていることと東西を結ぶ主要ルートの海上運賃が2週間連続下落していることを受け、更なる太平洋横断ルートの海上運賃の低迷を予測している。

先週のアジア-米国西海岸貿易における、1FEUあたり$1,687というSCFIプロジェクトスポットレートは、前週比6.7%減であり、アジア-米国東海岸のレートも1.8%減の$2,623であった。一方、Drewyの香港-ロサンゼルスのコンテナ基準運賃は10%減の1FEUあたり$1,661であった。


アジア-北ヨーロッパ向けの平均海上運賃は今週9.3%減の1TEUあたり$788と予想されている。一方スラックシーズンDrewyの世界コンテナ指数は、上海-ロッテルダム間の運賃が1%と微増し1FEUあたり$1,740となっている。今月中旬に行ったGRIの微妙な成果と見られる。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

ロングビーチ港では、昨年同月と比較して10月のコンテナボリュームが6.2%減少した。これは韓進の倒産による落ち込みが続いているためである。

10
月における同港のコンテナスループットは581,808TEUだった。輸出は1.2%減、去年の10月とほぼ横ばいで126,770TEUだった。輸入は296,711TEU3%減だった。空コンテナは下がり率が一番高く13.8%減で、158,327コンテナであった。

港のコンテナボリュームの減少に影響を及ぼした主な要因は韓進の破産である。 2015年には、同船会社の貨物が輸送量の約12.3%を占めていた。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ