中国物流情報
  • カテゴリ その他 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

香港の外務担当官は、香港の国会議員との会談にて、香港が「一帯一路」構想により積極的な役割を果たすよう促した。

Yang Jiechi
氏は中国の5人の州議会議員の一人であるが、李克強国務院総理や4人の議員よりもランクが低い。彼は66歳の元外相であり、また、香港とマカオの中央調整団の副議長を務めている。

会談にて、彼は香港が以下の4つの基準に沿って最高経営責任者を選出することが重要であると強調した。「国を愛し、香港を愛し」、北京から信頼され、統治する能力を備え、そして香港の人々に支持されなければならない。

Yang氏は、香港の独立を強く支持しており、香港の将来は明るいと考えている」と香港人民代表大会のMa Fung-kwok副総裁は述べた。 NPCの長官は、香港に「ストリートポリティックス」よりも経済に重きを置くよう強く要請している。会談は主に習近平国家主席
の先導する一帯一路構想などの外交に焦点が当てられていた。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

中国の蒸留業者、輸出拡大を計画

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
chinalogi  2017-2-24 16:20

中国の蒸留業者は、「一帯一路」沿いの国や地域への輸出を拡大し、海外での製品の人気を高めていく予定であると江蘇洋河蒸留所のZhong Yu社長は中国東部にある江蘇省にあるSuqianのメディアブリーフィングで発表した。

当グループには、何世紀にもわたる歴史を持つYangheShuanggouというブランドがある。また、3つの生産拠点を持ち、中国最大の酒類生産業者の1つになっている。 Zhong氏によると、既に37カ国・地域で製品を販売している。2016年には、韓国と日本の販売代理店と契約を締結した。 タイ、カンボジア、アラブ首長国連邦などの国々でも、酒類は販売されている。

去年の第一から第三四半期にかけて、同社の売上高は146.8億元(21.4億ドル)で、前年同期比7.36%増となり、純利益は84.47億元で8.47%増となった。


しかし、中国の酒造産業はある課題に直面している。 2012年の反贅沢キャンペーンは依然として中国の酒造市場に影響を及ぼし続けており、白酒の消費税は比較的高額であるため、生産量が減少する可能性があり、また1人当たりのアルコール消費量がすでに世界レベルを上回っているため、これ以上はあまり生産量が伸びないかもしれないと、市場調査会社のResearch and Marketsが昨年3月に発表した。

しかし、江蘇洋河蒸留所のマーケティング部を担当するZhu Shaoxin氏は、収益は数年前下降傾向を示したが、成長は勢いを増したとGlobal Timesに語った。

 

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

中国の春節、302万人が移動

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
chinalogi  2017-2-17 13:29

中国鉄道公社(CRC)の発表によると、今年の113日から始まった春節に鉄道で帰省した人は302万人で、昨年同時期比10.1%増だったと発表した。

水曜日だけで928万人以上が鉄道で移動した。木曜は900万人ほどが移動したと予想され、CRCは木曜に669便の増便を考えている。

国家発展改革委員会によると、113日から221までの春節帰省ラッシュでは、前年比2.2%増となるおよそ298000万人があらゆる交通手段で移動すると予想されている。

春節の間は何億人もの人々が帰省し、ここ数年インフラが大幅に改善されたのにも関わらず、交通手段に大きなストレスがかかる。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

シンガポールの港湾局は、コンテナ・スループットが昨年同月の249TEUから5.2%増加し、1月には262TEUを達成した発表した。

トン数量で見ると、コンテナ貨物は、2017年の最初の月に2710万トン以上であったのに対し、昨年1月には2,690万トンだった。

ライオン・シティーの総貨物処理量は、1月に5,050万トンを上回り、前年の4,590万トンから10%増加した。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

上海の電子商取引業界は急成長を遂げており、2016年に堅調な成長を見せた。

上海市商務委員会が発表したデータによると、電子商取引の取引高は2016年に2兆元(2900億米ドル)を超える過去最高の21.9%を記録した。

この金額のうち、企業の電子商取引は72%を占め、約14000億元に達し、年間17.3%の増加となった。鉄鋼、石油化学品、非鉄金属、自動車の貿易の成長が起因している。

個人消費者向け電子商取引市場も2016年に35.4%増の5,600億元で、目覚しい成長を達成した。 うち消費財は約3,000億元、サービスは2,600億元となっている。 上海のオンラインショッピング市場は2012年に1,100億元に上った。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

FIATA、インドの新しい貨物税規則を批判

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
chinalogi  2017-2-7 11:50

国際貨物運送業者連盟(FIATA)は、今月のインドで導入された新しいサービス税規則を不十分な通知だと批判し、4.5%の輸入貨物料金は、フォワーダーや荷送人よりむしろ荷受人からインドの行き先で回収されるべきであると述べた。

改正は、2017年「サービス税(改正)規則」と呼ばれ、2017122日に発効した。「発表後わずか10日に発足し、対応する期間がまったく考慮されていない」と、FIATAは指摘する。

この「サービス税(改正)規則2017」により、フレイトプリペイドの貨物もサービス税の対象となることをFIATAは説明した。 ルールによれば、サービスの提供者がサービス税の支払いを担当しているとしているが、サービスの受取人がサービス税を支払うことも認めている」と国際的な通関業者は述べた。

多くの船会社が、4.5%のサービス税をフレイトプレイペイドの船積み地積みに請求すると発表している。しかし、FIATAの海上貨物作業部は状況を研究し、以下の結論に達した:

1.  リードタイム
2.
間接税の論理
3.
法的管轄
4.
サービス税は荷受人から徴収しなければならない

 

コンサイニーが税金を支払うことができるという事実により、FIATAワーキンググループ・シーは、インドの税制の一部ではない外国から税金を徴収することは不合理であると考えている人。 その代わりにサービス税は最終目的地で回収されるべきだと勧めている。

この協会は次のように結論付けた。「FIATAはメンバー各位に、政府および船社やその関係会社に対し、サービス税の支払いを拒否するように勧める。実際プリペイド貨物でサービス税をインドで徴収したケースもある。サービス税をシッパーから徴収しようとするのではなく、船社各位はインド政府と連絡を取り、説明を求めるべきだ。」

 

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

「一帯一路」イニシアチブの下、海外経済貿易協力地域2016年末までに36の国と地域に241.9億ドルの投資で設立されたと、 商務省が土曜に公式ウェブサイト上で発表した。

世界ゴールド・カウンシルが発行した報告書によると、世界の金に対する需要は2016年に4,309トンに達し、3年ぶりの高水準となった。金の投資需要は前年比70%増の1,561.1トンとなり、2012年以来の最高水準に達した。

中国が2016年末に太陽光発電を導入し、2016年末には世界最大の太陽エネルギー生産国に転換されたと国家エネルギー管理(NEA)は述べた。NEAの太陽光発電計画によれば、中国は2016年〜2020年の間に110ギガワット以上の容量を追加する予定である。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

国家開発改革委員会(NDRC)の広報担当者、Zha Chenxin氏によると、中国企業は18000万ドル以上を投資し、10億ドル以上の税収を創出した。また、記者会見で、NDRCは一帯一路沿いの各国に対し、16万人以上の雇用を生み出したと発表した。

2016年の最初の11カ月間における中国と一帯一路各国間の総貿易額は8,489億ドルであり、中国企業の累積投資額は180億ドルであった。そして、中国企業が一帯一路諸国で行った税収の額は10億ドルであった。

去年中国から欧州に運行された貨物列車数は1,702台で、中国と外国との間で締結した契約数は40台だった。

中国製の鉄道や港湾は、インドネシア、ラオス、ギリシャなどの国々でも展開されている。中国は一帯一路の国々に貿易パークと建設する計画で、すでに50以上の外国貿易パークが建設されているとChen氏は言う。


「一帯一路のイニシアチブは、中国が開始したアジアインフラ投資銀行とシルクロードファンドを補完するものとして、グローバル経営の新しいモデルになるだろう。」

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

 

中国とメキシコ、貿易関係を深める

カテゴリ : 
その他
執筆 : 
chinalogi  2017-1-6 15:46

メキシコ産の農産物が中国市場で販売されるようになって約10年、最近ではその普及率が高まっている。

現在中国に輸入されているのは、アボカド、ナッツ、ラズベリー、ブラックベリー、アワビ、ロブスター、牛肉、そして豚肉がある。両国は、粉ミルクを含む乳製品や、ブルーベリー、バナナ、マンゴーなどを中国に輸出するための新しい協定に取り組んでいる。

これはお互いの地域に対して知識を深めるいい機会だとGiralt氏は話す。メキシコと中国は世界の反対側に位置しているが、私たちには多くの共通点がある。私たちは食べ物が好きである。私たちは家族、文化、伝統を大切にしている。中国がイノベーションに基づく経済へ転換していることに対し、「中国は技術面でより洗練された経済に変革するためにすでに適切な方向に進んでいる。我々はメキシコとの貿易で得るものはあるだろう。」

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

中国の北東部のラストベルト(さびついた工業地帯)に、回復の兆しが見え始めている。建設中のプロジェクトが増えてきたことが理由に挙げられると中国のトップ経済プランナーが月曜に述べた。国家発展改革委員会が発表したデータによると、今年の11ヶ月間で計46,240ものプロジェクトが中国東北部で行われており、前年同時期比1,083件増加した。

今年東北部で始まった新しいプロジェクトは1,590件にのぼり、始めて前年と比べ増加した。遼寧省、吉林省、黒龍江省は、中国で工業化された最初の地域の一つであった。しかし、この産業基盤は、GDP成長率の点では後退しており、他の国よりも急激な減速に直面している。

中国は、11月中旬に、行政、国有企業、民間経済の改革を促進し、地域の活性化させるための指針を出した。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ