中国物流情報

新疆初の冷蔵コンテナ列車、杭州に出発

カテゴリ : 
物流インフラ情報
執筆 : 
chinalogi  2017-6-12 17:07

中国北西部の新疆ウイグル自治区初となる冷蔵コンテナ列車が、ホーゴスから中国東部の都市杭州に向けて出発した。

40
台の冷蔵コンテナを備えた列車の長さは620メートルで、ホーゴスの港から杭州に約1,160トンの濃縮ジュースを運んだ。以前は、新疆からのフルーツジュース輸送には高速道路が使われていた。新しい列車ルートは、地元企業の物流コスト削減に役立つ。

新疆ウイグル自治州の首都、ウルムチから約670km離れたところに位置するホーゴスは、かつてはシルクロードの古跡を歩いていた商人たちが使用していた繁華街だった。 2013年に中国が提案した「一帯一路イニシアティブ」のお陰で陸上港には新たな活力が注入された。2017年の最初の5ヶ月間で、ホーゴスの貿易量は前年比で70%以上増加した。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ