中国物流情報
  • カテゴリ OOCLグループ情報 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

OOCLとマースクのみ、Drewryの「危険」ゾーンを免れる

カテゴリ : 
OOCLグループ情報
執筆 : 
chinalogi  2016-10-19 22:30

香港のオリエントインタナショナルリミテッド(OOIL)とデンマクのAPモラスクのみが、Drewry海洋研究の設定する「危険ゾーン」でない、「注意ゾーン」にエントリーした。

Drewry
Zスコアの評価によると、韓進の倒産は2008年以来最もリスクの高いレベルで、コンテナ送会社が直面する危を示していると、英国のSeatrade海事ニュスがじている。

主要船社14社の定格倒産リスクを測るのにDrewryZスコアを使用するのは2008年から始まった。1.8以下だと倒産の危険性が高く、今年の第2四半期では14社全体の平均スコアは1.0以下だった。

韓進を含む3社はマイナススコアを指していたが、Drewryはどの船社か名指しはしなかった。Zスコアインデックスの低下は、今年の第2四半期における歴史的な海上運賃の下落と一致しているとDrewyは言う。第3四半期に入り運賃が修復されてきてから、Zスコアも上昇の兆しが見え始めている。また、韓進がサンプルから抜けたことでも平均スコアが上がった。

韓進の破により、荷主は特に今まで財務情報を公開して来なかった船社に対し 金融透明性を求めている。「個人所有の船社は、荷主に対し債務とバランスシトのデータを公開し限り信頼を得る事はできないだろう。」とDrewryは言う。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ