中国物流情報

ロングビーチ港、コンテナスループットが韓進倒産により影響

カテゴリ : 
海運業界ニュース
執筆 : 
chinalogi  2016-11-21 15:55

ロングビーチ港では、昨年同月と比較して10月のコンテナボリュームが6.2%減少した。これは韓進の倒産による落ち込みが続いているためである。

10
月における同港のコンテナスループットは581,808TEUだった。輸出は1.2%減、去年の10月とほぼ横ばいで126,770TEUだった。輸入は296,711TEU3%減だった。空コンテナは下がり率が一番高く13.8%減で、158,327コンテナであった。

港のコンテナボリュームの減少に影響を及ぼした主な要因は韓進の破産である。 2015年には、同船会社の貨物が輸送量の約12.3%を占めていた。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ