中国物流情報

日本からの輸出、ますます減少傾向に。

カテゴリ : 
中国税関情報
執筆 : 
chinalogi  2016-11-14 15:20

9月に主要船社各社が輸送したアジア域内貿易(アジア13カ国)のボリュームは前年同時期比4.3%減少し112.3TEUとなり、3ヶ月連続で減少した。

内訳として、ドライカーゴが5%減の105.5TEU、リーファー貨物が5%増の69,000TEUだった。日本からの輸出は9%減の126,000TEUとなったが、日本への輸入は前年比8.8%増の197,000TEUとなった。今年最初の9カ月間に、前年比1.7%減となる958.3TEUがアジア域内を輸送された。日本からの輸出量は108TEU11%減、輸入は2.7%増の157.3TEUとなった。

日本からの輸出相手地域としては、17,000TEUが中国北部向けで27%減、10,400TEUが中国中央部で54%減、870TEUが福建省で42%増、9,600TEUが南中国で5.6%減、12,000TEUが香港で0.3%増、そして17,000TEUが台湾向けで13%増となった。

 

日本への輸入相手地域としては26,000TEUが中国東北部で7%増、28,000TEUが中国中央部で1.9%増、10,000TEUが福建省で4%増、29,000TEUが中国南部で2.7%増、8,600TEUが香港で2.7%減、そして14,000TEUが台湾で4.3%増となった。

 

記事提供:OOCLロジスティクスジャパン株式会社

新着ニュース
ご連絡先

TEL:050-3599-0956
FAX:020-4668-7395

NEWSカテゴリー一覧
中国物流の専門サイト
情報協力

サイトランキング
中国関連ランキングへ